義援金

  • 東北関東大震災義援金
フォト

外為情報

楽天

Facebook

香港競馬(沙田)

2013年1月13日 (日)

香港競馬はダート競争に妙味!? ーー 競馬の神様に遭遇

恐れ入ったというか、ここまでツキの神様に恵まれたら逆に何かとんでもない不運に遭遇するんじゃないかと心配になるぐらい大変な御仁とご一緒させていただいた。

昨日の沙田競馬場でのことだ。

まずもってその方、第2レース(ダート1200m戦)で勝った⑩Jade Pippo(単勝30.1倍、複勝7.4倍)を単複2000㌦づつ買っていたのだ。配当総額は75,000㌦だ。⑩は豪州産の4才馬。デビュー4戦目で、過去3戦は沙田の芝でいずれも見どころなく10着。血統的に近親にHVで活躍する馬が比較的に多いことから、HVでの短距離戦に多少見どころはあってもダート適性は全く未知数。あえて挙げれば、1月4日の沙田ダート1200mのトライアルで可もなく不可もない走りを見せているぐらい(ダートは普通に走れることを実証した程度)。今回、中3週でダート戦に挑戦してきたわけだが、前走が終始後ろにおいておかれ、最後も14頭中10着という結果では、自分的にはとても買う対象にはならない。

で、その方に何故、その馬を買ったのかと聞いたら、厩舎(PF.Yu)で買ったとのこと。本心かどうか分からないが、どうも締切時間ぎりぎりに買ったらしく、余り深く考えていなかったのは確かなようだ。真面目に考えれば、この馬の単複を2千ドルづつ買うのはあり得ない。(他の馬の単勝もいくつか買っていた可能性はあるが)。

で、この御仁を神様と褒め讃えるしかないのは、続く第4レース(ダート1650m)での神業だ。このレース、一番人気の⑫(Fulgurite)が単勝2.2倍の一本かぶり。好枠(3枠)出走で、しかも先行タイプで今シーズン5着、2着、4着と順調に来ており、確かにここは狙えないこともない。しかし、この⑫も初のダート戦。単勝2.2倍になるほど信頼性は高くない。なので、自分もこの⑫を押さえながらも、前々走同じ沙田ダート1650mで頭差2着でパドックの気配も良かった⑭と、⑤(ダートスペシャリストで鞍上は名手Whyte。前走、同じ沙田ダート1650mで1着)を中心の穴目を狙った。

結果はハナ差、ハナ差の僅差で⑭−②−⑤ー⑥。勝った⑭は単勝14倍、⑤−⑭のワイドも10.7倍となかなかおいしい馬券になったのだが、何と2着に入った②は単勝71倍(14頭中13番人気)。一番人気の⑫はうまく先行したものの、前半飛ばし過ぎて直線で失速、結果5着に大敗し。馬連②−⑭が291倍、三連単⑭−②−⑤が1899倍の大穴馬券が飛び出した。

で、その御仁。何と⑭と⑤を2頭固定軸にし、全馬に全て流すマルチ三連単を買っていたのだ。全部で100通りぐらいになる馬券なので、さすがに各20㌦(馬券総額2000㌦)しか買ってなかったが、配当総額は約4万㌦だ。

このレースどう考えても⑫が一本かぶりであり、近走実績や走方、鞍上、枠順などから⑤と⑭が上位に来るのは確実だったが、②は相当難しい。特に近走および調教の状態から明らかに調子落ち、しかも今シーズン使い詰め(毎月2回出走しており)で明らかに馬に疲労感が出ている。普通の競馬の知識があれば、お金をもらっても買えない馬だ。それを、何も考えずに⑤と⑭の2頭から、全ての馬に馬券を買うという荒技をご披露されたのには、完全に脱帽だ。お見それした。

この御仁、競馬理論というほどのものはなく、単に好きな厩舎(PF Yu厩舎の馬は全部買うらしい)の馬を買い、ジョッキーの好き嫌いで購入金額を調整しているに過ぎないのだが、ここまで大穴馬券を連続的中されてしまうと、天性のツキというか、何か科学を超越したオーラのようなものを感じる。詳細は知らないが、何か金融関係の仕事をされているようで、香港人だ。もう神様としかいいようがない。

やはり金融の世界、相場の世界というのは理屈や技術よりも、何かカンとか、ヒラメキというようなものが支配しているのかも知れない。自分のように長くメーカーに勤め、技術と論理に依拠して考えを組立てるようなアプローチでは到達できない世界だ。

というわけで、実に多くを学んだ競馬観戦になったが、自分の馬券成績は惜しくもマイナス。このビックリ御仁の神業を見せつけられ、思考ペースを散々狂わされたのもあるのだが、やはりダート戦は難しい。(とっておきのヒントを書くと、ダート適性の見極めは実績、血統がポイントだが、実はHVに適性のある馬は沙田ダートでも好走する馬が多い。沙田芝がスピードタイプ、一瞬の切れ味勝負なのに比べ、HV芝は先行力とスタミナ、持続力なのでダート戦と共通事項が多いからだ)。

しかし、最終レース(芝1400m)で②の単勝12倍をズバッと的中したのだが、これは悔やまれる。何と自分がこの②の単勝を買った締切8分前の単勝倍率は28倍だったのだ。締切直前に大量の買いが入って単勝倍率が一気に12倍まで下がってしまった。あのまま28倍のオッズだったら、昨日は大勝で終われただけに実に悔しい。

2012年12月 9日 (日)

珍しく公開予想が的中に次ぐ的中 ーー 12月9日香港国際GⅠ競争

自分のいい加減な予想と、最も負けを減らせる馬券戦術としてあみだした単勝4点買い+ダブル16点買いを実践していただいた方がいらしたら、今日は大もうけだったはずだ。単勝を1000㌦づつ、ダブルを100㌦づつ買ったとして、以下の結果になる。

<4R>
公開予想:単勝②、⑬、⑥、⑪。5Rへのダブル②、⑥、⑬、⑪/①、⑪、④、⑦。
結果:⑥−⑧−③−⑨。
投資総額:5600㌦

配当:単勝⑥10.55倍。
収支:プラス4,950㌦。

<5R>
公開予想:単勝①、⑪、④、⑦。
結果:④−⑨−⑧−③
投資総額:4,000㌦。
配当:単勝④4.05倍。ダブル⑥/④61.95倍。
収支:プラス6,245㌦。

<7R>
公開予想:単勝①、③、⑩、⑫。ダブル①、③、⑩、⑫/②、⑩、③、⑬。
結果:①−③−⑪−④。
投資総額:5,600㌦。
配当:単勝①4.15倍。
収支:マイナス1,450㌦。

<8R>
公開予想:単勝②、③、⑩、⑬。
結果:②−⑬−④−⑧。
投資総額:4,000㌦。
配当:単勝2.75倍。ダブル①/②9.85倍。①/⑬10.75倍。
収支:プラス810㌦。

というわけで、全体の収支はプラス10,555㌦になる。日本馬、ロードカナロアも快勝し、沙田競馬場に君が代が流れ、日の丸がはためき、気分も最高。馬券も好調、実に充実した日曜日だった!

12月9日 香港国際レース(沙田)当日予想 ーー ガンバレ、日本馬!

さて、年に一度の大レース。香港国際GⅠレース当日だ。日本馬も何頭も参加する。ハードルは高いが、日本馬各馬の善戦を期待したい。ということで、時間がないので、当日予想。今日も、単勝4点、ダブル16点のセオリーだ。

<R4>国際GⅠレース(2400m)
ここは②と⑬の一騎打ちの公算が高い。なので、この2頭を厚めに、単勝の穴として⑥の差し足と、⑪の逃げ残りに期待。日本馬ジャガーメール⑧は名手Whyteの騎乗だが、ここでは掲示板までか。
<R5>国際GⅠレース(1200m)
ここも①、⑪の一騎打ちの公算が高い。この2頭を厚めに、単勝の穴は⑦の差し足と、岩田騎乗の日本馬ロードカナロア④を狙う。
<R7>国際GⅠレース(1600m)
ここは①、②、③が強力なのだが、3頭は買えないので、①と③に絞る。単勝の穴は⑫と⑩。

<R8>国際GⅠレース(2000m)
ここも②、⑩の一騎打ちムードだが、③と⑬も侮れない。この4頭勝負だ。

Good Luck!!

2012年11月25日 (日)

11月25日 沙田開催 ーー 回収率71.2% 連敗記録更新中

今日は単勝の平均倍率8.56倍、10R中単勝を7Rで的中したのに、回収率は71.2%と散々な結果に終わった。その原因は、的中した単勝の平均倍率が3.02倍しかなく、単勝4点買いだとプラスにならないからだ。ダブルの配当も低く、久々の大幅マイナスになってしまった。

しかし、堅い決着ばかりとはいえ、8Rでは1位同着とはいえ、12頭中、どんじり人気(56.5倍)の馬が1位になったり、最終10Rでも14頭中8番人気(31.55倍)にあっさり勝たれてしまったり、とんでもない結果になった。今日は小雨にも関わらずに差し、追い込みがよく決まっていたので、後半は追い込み馬中心で予想を組み立てたが、上記2頭はいずれも先行して直線でも伸びた馬。正直、まったく気にしてなかった。

おまけに香港でも発売されたジャパンカップ。⑬ルーラーシップの単複と、ルーラーからオルフェへの馬連/ワイド一点、オルフェ/ルーラーの2頭軸での3連単/3連複でビートブラック、エイシンフラッシュ、ダークシャドー、トーセンジョーダンに4点で勝負した。⑬複(2.05倍)⑬−⑰ワイド(4.7倍)が取れたので、マイナスにはなっていないが、あの牝馬(ジェンティルドンナ)には恐れ入った。相当な馬だとは思っていたが、さすが3才牝馬にジャパンカップは無理だろうと思っていたので軽視したのだが、とんでもない。逃げるビートブラックを見て、池添騎手(オルフェ)の仕掛けが少し早かったとかも知れないが、岩田騎手の騎乗ぶりは見事としかいいようがない。まあ、それでもあの斜行は、降着でも仕方がないような気がするが。。。オルフェの単勝に1500㌦勝負した友人もいたので、降着で⑰が1着になってくれた方が良かったのだが。

2012年11月18日 (日)

回収率54.2%と惨敗 ーー 11月18日沙田競馬結果

今日の沙田競馬、全体的に堅い結果となり、平均単勝倍率は5.7倍、単勝4点買い、ダブル16点買いのセオリーで計算すると回収率は54.2%と散々な結果になった。

実際には、単勝4点を均一買いにしたのではなく、オッズの低い人気馬に重点配分(例えば単勝1.6倍の馬券に70%配分し、残り3点に10%づつにする。その馬からのダブルを多く買い、他の馬からのダブルは少なく買う等)したので、もう少し回収率は良かった(65.4%)が、久々の大幅マイナスになった。

しかも、11R中8Rで単勝を的中しているのだが、的中したレースの平均倍率は3.34倍なので、これじゃマイナスになって当然だ。

単勝4点買い、ダブル16点買いの馬券作戦が功奏するのは、やはり単勝倍率10倍以上の馬券をヒットすることが条件になってしまう。ただ、堅い日であっても配分調整することで回収率をアップすることはできるので、この馬券作戦、諦めずに実行していく。

今日の沙田も全体的に非常に時計が早かった。しかも、前残り競馬で、先行差しでの決着ばかりだ。いつまで、この芝状態が続くか分からないが、香港も少し寒くなってきたのと、いくら何でも芝が傷むのは確実なので、来週あたりから本来の沙田らしい、差し/追い込み馬の活躍が始まるのではないかと思っている。

しかし、今日の4R⑧小母牛(Little Cow)の快速ぶりには恐れ入った。逃げ/先行の単純走法ではあるが、あの精英大師(Silent Witness)並の大物になるに違いない。

2012年11月14日 (水)

11月14日 沙田ナイター競馬結果 ーー 回収率86.6%でマイナス

いさんで穴ズバ、予想を公開したが、箸にも棒にもかからず、空振りに次ぐ空振り。実際には、本命筋の単勝も買っていたので、8R中4Rで単勝的中したものの、連続的中でダブルを取れたのは1stダブルの1本だけなので、全体ではマイナス。

本日の平均単勝倍率:10.04倍
回収率(配当金総額÷総購入額):86.6%
ガックリです。

2012年11月11日 (日)

11月10日 沙田開催 ーー 回収率73.8%

10R中7Rで単勝的中(4点買い)したものの、今日は結果が堅過ぎた。結局、回収率は73.8%と久々の惨敗となった。しかし、それでも回収率的に考えれば、そう悲惨ではないので、やはり単勝4点買いと、ダブル(16点買い)の組み合わせがもっとも回収率を稼げる馬券になるという確信は変わっていない。

過去6開催の平均単勝倍率と回収率(配当金総額÷総購入額)は以下の通り。

10月21日(沙田):6.99倍、142.1%

10月24日(HV):6.13倍、151.9%
10月28日(沙田):8.30倍、229.8%
11月4日(沙田):11.21倍、203.9%
11月7日(HV):8.51倍、91.3%
11月10日(沙田):5.10倍、73.8%

平均回収率は、148.8%で、まだまだプラスだ。

2012年9月 8日 (土)

香港競馬2012/2013シーズン、いよいよ開幕!

 今日は沙田競馬場で待ちに待った香港競馬が開催される!

 例年そうだが、開幕直後は難しい競馬が続く。2ヶ月の夏休み期間、馬の状態がどうなっているのか、夏バテ具合を含めて、外見から判断するのが難しいからだ。なので、今日は馬券もほどほどに、観戦メインで楽しみたい。今シーズンもやはりWhyte騎手が活躍すると思うが、南アフリカから来たFourie騎手も前評判が高い、どのような手綱さばきをするか、これも注目だ。

 ということで、今日の予想は単、複で狙ってみたい馬を挙げておくだけにする。

R1:④上海駿将
R7:⑥崇山寳
R10:⑦驪龍

3X7@$100で勝負だ!

2012年5月19日 (土)

5月19日 ST開催 ーー 当日予想

 しかし、今シーズンは予想がさっぱり当たらない。自信がなかったのでブログで公開しなかったが、水曜日の沙田でのナイター競馬(全レースダート)、その前の沙田開催も全くダメ、悲惨な結果に終わった。というわけで、今日もまったく自信がないが、取りあえず予想だけはしておく。明日はCコース、傾向的に荒れるので伏兵に注意。

1R:初出走ながら人気になりそうな⑤もなかなか素質がありそうだが、素質で言えば⑧も負けていない。クラス4をあっさり勝ち上がり将来的にはクラス2まで昇級できるほどの素質馬だ。2月から調教を始めた⑤よりも、昨年12月からじっくり調教を積んでいる⑧を上位にとる。この両馬に次いで、前走快勝している③が有力なのだが、今回はハンディが8lb増、⑤と先行争いをするとゴール前でばてて共倒れになる可能性がある。それなら、トライアルで好走し、調子を上げている⑪に妙味がある。この他、3着候補で②、⑦に注意。

2R:ここは混戦、人気も割れそうだ。持ち時計的にどの馬も似たようなものなので、調子と展開(差し馬有利)からみて、⑬、④がやや上位か。

3R:人気だが、④が勝つのは間違いなく、ここは相手探し。相手筆頭は⑤、次いで①、③。初出走組ではトライアルで好走している⑧。早熟タイプで初戦から狙える。

4R:ここも混戦、完全にドングリの背比べだ。こんなレースに馬券を買うのはお金をドブに捨てるのに等しい。なので、馬券は買わずに予想だけ。一応上位は、①、④、⑤、⑥、⑬の5頭。このうち、STでの長距離実績と軽量ハンディから中心視できるのは⑬。次いで、今シーズンかなりRatingを落として、ハンディ的に有利な⑤。減量騎手で好枠から先行できる①の順。④、⑥、は押さえまで。

5R:ここも難しいが、一応中心は④。Whyteが調教で乗り込んでおり、状態もよくなっているようなのでパドックでよく見えれば単勝を狙ってもいい。他では、軽量の⑬、鞍上が信頼できる⑦、切れる差し脚のある②。

6R:前半で飛ばし過ぎてゴールまで失速するリスクはあるが、④で行けそうだ。相手本線は⑪。④−⑪の馬連、ワイドは今日の勝負馬券だ。単勝はオッズ次第だが、鞍上からみて⑪から入るのもいい。この2頭を軸に、③、⑨に流す三連複、三連単も狙い目だ。

7R:ここは少頭数だが、難解。ペースが落ち着き、先行馬が有利になりそうな感じだが、その先行馬に狙えそうな馬がいない。一応上位は、AS Cruz厩舎の2頭、⑦と⑨。次いで①だが、133lbのトップハンデは少々キツいと思われる。最近好調なChadwickの思い切った騎乗に期待して、⑦の単複で勝負か。

8R:ここも混戦、難しい。一応、中心は⑤か⑦。⑦がやや上位か。次いで、②、⑩、⑫あたり。見るだけのレースだ。

9R:③の3連勝が濃厚だ。ここから相手本線は、①と⑭。3着候補で⑥、⑧、⑩。

10R:ここも混戦。状態と能力的に見れば、②、③、④の3頭が上位で、次いで①なのだが、いずれも133lbのハンディ。これは楽ではないはず。なので、狙い目は軽量の⑭。鞍上も好調Chadwick。ここは一発を期待したい。

Good Luck!

2012年5月 6日 (日)

5月6日 ST開催 ーー 前日予想

 今日は全般的に難しいレースばかりだ。そもそも競馬で儲けるのは正直、難しい。特に当てにならないレースを含めて全レースに賭けたりしても、まずはプラス計上できない。というわけで、本ブログも一応、全レース予想はするが、馬券的には勝負レース、お勧めレースだけで我慢し、是非、毎回プラス計上できるよう頑張りたい。

<1R>:勝負レース
デビュー戦でいきなり56秒台の好タイムで快勝し、中間も順調な⑤で仕方が無い。前売りで単勝1.1倍だ。相手は、J.Size厩舎の3頭が素質も高く有望だ。調教の気配、鞍上から⑥を抜擢する。⑤−⑥一点での勝負。

<2R>
前2走の成績、中間の状態的に③が上位なのだが、持ち時計的には57秒台後半、今回ハンディが5lb増ということで信頼できるとまでは言いにくい。他では、②、⑫、⑩、①あたりが有望だが、どれも差がない。敢えて選べば、斤量から⑫、底を見せていないという意味で⑩。ここは勝負は避けて、⑫と⑩から早熟タイプで初戦から好走できそうな⑦、⑨の2頭に流す遊び馬券が賢明だ。

<3R>
ここも能力均衡で難解。クラス5だけに信頼度も低く勝負は避けたい。一応、上位の馬をあげるなら⑤、⑥あたりだが、⑤は距離に不安があるので、⑥の方が上か。⑭も実質ハンディが106lbとほとんど裸馬なので、単複を少し買って見るのも面白い。

<4R>
一応上位は②、④、⑥、⑧だが、二四を未経験の馬ばかりで難解だ。馬券の軸は②だが、前売りで1番人気の単勝2.8倍は少し買われ過ぎか。それなら、先行してのしぶとさという点で⑧も面白い。買うなら②−⑧一点か。

<5R>
能力的には①だが、さすがに133lbの斤量では万全の信頼を置きにくい。他では③、④、⑥、⑦、⑩が上位だが、このうち持ち時計的には⑩、前走(4着)より2lb斤量減で枠順もいい⑥。⑥−⑩一点か。⑥か⑩の単複を少し買って見るだけのレースだ。

<6R>
ST千八に実績のない馬ばかりで、ここも難しい。一応上位は②、③、⑦、次いで⑧、⑨あたりだが、どの馬も特に勝負できるところがない。なら、いっそ軽量を生かせそうな⑬の方が上位にくる確率は高いかもしれない。⑬の単複を少し買って、ここも見るだけのレースだ。

<7R>
能力上位は①、②、⑤、⑧あたりだが、狙いたいのは下位クラスで2連勝中の⑩。ハンディ130lbで35秒台で走破できるなら、今回は116lb、更にタイムを短縮できれば、ここでも上位だ。前売り人気で単勝18倍の8番人気だが、思い切ってここから入る。

<8R>:勝負レース
ここは人気でも⑥でいける。相手は④、⑧を本線に押さえで⑤まで。①を頭に3連単でも勝負できそう。

<9R>
国際G1レース。人気通りだが、中心は②。相手筆頭は①。この2頭に次いで、⑤、⑥、⑦の3頭。

<10R>:勝負レース
115lbなら⑩が09秒台前半で快勝できると見て、⑩から勝負。相手は⑦、⑨、③。次いで④、②まで。

<11R>:勝負レース
ここは③から勝負。相手は①、④、⑬。次いで、⑤、②まで。

今日は、難しいレースが多いので勝負は絞る。遊びで6upやTrebleを買うのも面白い。Good Luck!

より以前の記事一覧

日本会議

  • border
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランキング

Link

無料ブログはココログ