義援金

  • 東北関東大震災義援金
フォト

外為情報

楽天

Facebook

香港競馬(ハッピーバレー)

2012年11月22日 (木)

11月21日 HV開催結果 ーー 回収率88.56%

全体的にはいい予想ができたのだが、単勝で大勝負した最終レース(8R)で狙った⑦がゴール直前で頭差で⑧に差され、結果、マイナス。回収率88.56%で終わった。最終レース⑦(最終オッズ5.9倍)には2千ドル賭けており、残ってくれていれば大幅プラスで終わっただけに、残念無念。ちなみにこの日の平均単勝倍率は6.94倍。取り頃のいい倍率だったので、これも残念だ。

詳細は省くが、この日も単勝4点買い、ダブル16点という基本戦略で、オッズによって配分を変えたりしたので、回収率的にはそこそこだった。

反省を込めて言えば、マイナスで迎えた最終レース。ダブルがないので、馬連/ワイドも購入したが、⑦−⑧一点で良かった。

全8R中5Rで単勝を的中し、7Rの④に重点配分したりさじ加減も良かったのだが、4Rの②(Capital K)と6Rの②(Mega Champion)を、最後まで迷った末に切ってしまったことも悔やまれる。それぞれ接戦で2着にきた馬(4R①、6R⑩)はきちんと単勝を押さえていたので、この2頭も押さえていれたら、クラス⑤の短距離戦で有利なハンデを生かして先行して逃げ切られた1Rの⑩以外は、全て単勝を的中できた。

全体では、HVには珍しく大きく荒れることもなく、勝ち星をあげた馬はいずれも勝つだけの理由のあった馬だけに、単勝4点買いするなら、やはり全部的中できるようにならねばダメだ。まだまだ修行は足りない。ということで、今シーズンもやはり例年通り、マイナス街道まっしぐらだ。

2012年11月21日 (水)

11月21日 HV開催 ーー 当日予想

今週、ニュージーランドで馬のオークションが開かれたようで、香港からも11名の調教師が参加したと聞いた。(馬産地でない香港では、調教師が海外から競走馬を調達し、馬主に売る。これも、調教師の重要な収入源になる)。

なので、今日のHV競馬は11名もの調教師が不在の中、行われるわけで、厩舎によっては勝負気配の薄いところもあるかも知れない。ちなみに、今晩不在の調教師は以下の通り。
方嘉柏
告達理
鄭俊偉
何良
文家良
呂健威
李易達
徐雨石
伍碧権
葉楚航
姚本輝

勿論、副調教師や調教助手はいるので、出走にあたって何か障害があるわけではないが、やはり調教師本人がいないというのは勝負気配にやや?がつく。

で、今晩の予想だが、以下の通り。カッコ内は香港時間15:45現在の前売りオッズ。

<本命サイド>
1R:④(2.9倍)
2R:⑤(4.6倍)
5R:③(7.1倍)
8R:⑦(7.0倍)

<単勝で狙いたい穴馬>
1R:⑦(14倍)、⑪(16倍)
2R:④(10倍)、⑨(16倍)
3R:⑨(15倍)、⑪(23倍)
5R:⑩(11倍)

Good Luck!

2012年11月 8日 (木)

11月7日 HV競馬結果 ーー Six UP を取り損なった!

昨日のハッピーバレー競馬、最近あみだした理論に基づき、単勝とダブルで勝負をした。結果は以下の通り。

<R1>
買い目:①、③、⑤、⑪単勝4点買い。1stダブル①、③、⑤、⑪/①、②、③、⑤16点買い。
結果:③−⑪−⑫−①。単勝③的中(4.2倍)
<R2>
買い目:①、②、③、⑤単勝4点買い。2ndダブル①、②、③、⑤/①、③、⑤、⑪16点買い。
結果:⑤−⑧−⑦−⑪。単勝⑤的中(2.85倍)、1st ダブル③/⑤的中(10.55倍)
<R3>
買い目:①、③、⑤、⑪単勝4点買い。3rdダブル①、③、⑤、⑪/②、③、⑥、⑧16点買い。
結果:④−①−⑤−⑪。2ndダブル⑤/①的中(4.5倍)

<R4>
買い目:②、③、⑥、⑧単勝4点買い。4thダブル②、③、⑥、⑧/②、⑤、⑧、⑫16点買い。
結果:②−⑧−⑫−⑦。単勝②的中(7.3倍)。

<R5>
買い目:②、⑤、⑧、⑫単勝4点買い。5thダブル②、⑤、⑧、⑫/①、③、④、⑥16点買い。
結果:⑧−⑤−⑦−⑪。単勝⑧的中(5.85倍)。4thダブル②/⑧(29.25倍)、②/⑤(24.8倍)的中。

<R6>
買い目:①、③、④、⑥単勝4点買い。6thダブル①、③、④、⑥/④、⑤、⑩、⑪16点買い。
結果:⑤−⑥−④−③。5thダブル⑧/⑥的中(4.2倍)。

<R7>
買い目:④、⑤、⑩、⑪単勝4点買い。7thダブル④、⑤、⑩、⑪/①、②、③、⑫16点買い。
結果:③−⑤−④−⑫。

<R8>
買い目:①、③、⑦、⑫単勝4点買い。
結果:⑫−⑦−⑤−⑪。単勝⑫的中(10.15倍)。
というわけで、残念ながらマイナス(回収率87%)になってしまったが、結果的には満足だ。鼻差2着もあったし、穴で狙った馬が上位にもきた。

しかし、レース終了後、一日の結果を見て唖然とした。

何とSix UPが、1,4/2,8/5,8/5,6/3,5/7,12で、その配当は64,919㌦だった。単勝で狙った4頭で6R分買えば、4,096通り、最低2㌦からなので、投資総額は8,192㌦にもなるが、複数で的中しているので、配当金総額は10万㌦を越えていた。そして、全レースで狙った4頭の馬連/ワイドの4頭ボックス馬券(6通り)を買っていたら、これも大幅プラスだった。予想は冴えていたのだが、馬券の買い方で間違ったということになる。しかし、今シーズンは好調続きだ。

2012年6月 6日 (水)

6月6日 HV開催 ーー 当日予想

 予想は公開しなかったが、日曜日の沙田競馬はそこそこ予想が冴え、久々にプラス計上できた。というわけで、今日のHVナイター競馬もプラスを目指して、渾身の予想をお届けしたい。

<R1>1800m Class 5
最下級条件のクラス5なので、どの馬も当てにならないが、馬券の軸としてはWhyte騎乗の③だろう。能力的には①、②が一枚上なので、この2頭への流し馬券と、穴になるが軽量を生かして先行、前残りが期待できる⑨、⑪を押さえてみたい。特に⑪は調教でいい時計を出しており、状態も良さそうだ。ペースが緩んで時計が遅くなれば、逃げ切り勝ちまでありそう。⑪の単複も面白い。

<R2>1650m Class 4
上位の馬が実力伯仲で混戦。能力的には①、④が上位だが、④はHVで実績がない上、前走(5/27)以降の調教が軽めなので狙いにくい。馬券の軸としてはまたWhyteになってしまうが、やはり⑤か。他で気になるのは⑪。恵まれたハンデと好枠を生かして上手く先行できれば前残りも十分ある。鞍上は最近好調のM C Marwing。他の穴馬はやはり先行できる⑥。

<R3>1200m Class4
ここは好調馬が揃った。2戦目の⑤の取捨選択が鍵だが、鞍上が下手なSoなので全幅の信頼はおけない。なので馬券の軸は、好枠から先行できる⑨だろう。ここから⑤と、やはり先行できる④、末脚に期待できる②に流す。中段を進むだろう⑦、⑧も差がない。両馬とも時計的には⑨より上位で、前半のペースが上がり、先行する④、⑨が直線でばてると一気に浮上してくる可能性がある。最終決断はパドックをみてからにする。

<R4>1650m Class 4
中心はHV1650m初挑戦でも③でいける。相手筆頭はHV1650m得意の⑦と末脚の鋭い⑤。両馬とも③との比較では差がない。この3頭ボックスを基本に、⑥、⑧を加えた馬券作戦がお勧めだ。

<R5>1000m Class 3
ここは上位の馬が揃って不利な枠順を引き、混戦だ。軽量で枠順のいい⑪、⑫と、香港デビュー戦だがかなりの素質を秘めている②が先行するので、この3頭をとるか、後方からの直線一気にかける①、⑤、⑥をとるかの難しい選択だ。ここは難解だが、パドックで問題がないことを前提に②に期待する。次いで、状態のいい⑤、前走なみの時計で走れれば勝ち負けになる⑧と⑦。この4頭が上位とみる。

<R6>1200m Class 3
ここも各馬の能力が均衡しており混戦だ。HV1200mの定石通り、差し馬を狙う。中心はWhyte騎乗の④。ここから③、⑤、⑨への3頭流しがお勧め馬券だ。先行勢では⑩と⑥が前残りする可能性があるので注意。

<R7>1800m Class 1
能力的にはオープン級を使ってきた①、②が一枚上で軽視できないが、近走好調な③を軸にする。ここから①、②への流し馬券が基本だが、穴で面白いのは先行してしぶとい⑨とHV1800得意の⑩。両馬とも状態はよいので要注意だ。この他ではMoore厩舎の⑤、⑥が能力的に高く、枠順もいいので無視できない。

<R8>1650m Class 3
ここも混戦だ。①、②、④、⑤の4頭と、デビュー戦ながら相当の素質のある③が上位。非常に難しいがパドックで問題がなければ、デビュー戦でも③を狙ってみたい。①、⑤は追い込み馬なので展開次第になるが、両馬とも名手が騎乗するので見せ場は作れるはずだ。③から①、⑤流し、②、④押さえという馬券作戦だ。

Good Luck!

2012年5月30日 (水)

5月30日 HV開催 ーー 当日予想

 うーん、絶不調だ。とにかく今シーズンは予想が外れまくっている。香港ローカルの専門家も皆、クビをひねっている結果ばかりで、さっぱり訳が分からない。そんなわけで、今日も自信は全くないが、取りあえず予想してみる。

<R1>
短距離の千m戦。HVの定石通り内枠有利ではあるが、今日はカーブがやや緩いCコースなので、10枠ぐらいまでの枠順なら大きな不利はない。ここは混戦だが、能力的には⑦が中心。次いで④、⑧。穴は前走大敗しているが、距離短縮で巻き返しそうな⑥。

<R2>
ここは最下級条件のクラス5なので、どの馬もさして当てにならない。大勝負は禁物だ。HVの千二戦は、前半のペースが早くなり、逃げ、先行馬が直線でばてて後ろから追い込んでくる馬に差されるケースが多い。なので、最後の直線で末脚を生かせそうな②、④、⑫あたりが狙い目。能力的には前走好走している⑥、⑩あたりだが、今回はハンディが重くなっているので、押さえまで。

<R3>
好調馬が揃い実力伯仲。前走、同距離を逃げ切り勝ちした⑧が中間も順調で好調を維持している。この馬の取捨選択が鍵だが、前走の勝因はChadwick騎手が実に上手くのったことによるところが大きい。今回も同じChadwickだが、前走よりマークされるし、②、⑦などと先行争いすれば、直線でばてる可能性もある。なのでR2同様、差し馬を狙う。狙い目は③、⑩、⑪の3頭。これに、状態のいい⑤も押さえる。(詳しくは書けないが、種々の情報筋から⑧の状態が極めて良く、厩舎サイドも勝負気配だ。パドック次第では⑧から上記4頭への流し馬券もある)。

<R4>
ここは極めて難解。全馬に勝つチャンスがあるので、こんなレースの馬券を買うのはお金をドブに捨てるようなものだ。見るだけにした方がいい。ということを前提に予想してみるが、概ねHVの千八戦では先行馬が残るケースが多い。その意味で⑨が人気、実力とも上ではあるのだが、このレースは混戦なので、一番人気で、しかも鞍上が頼りない⑨から買うのもバカバカしい。なので、狙い目は④、⑪。次いで、②、⑧、⑫あたり。

<R5>
HVでは最長距離の2200m線。長距離適性と、騎手の駆け引き、位置取りが勝負のポイントだ。これまで6レース連続して3着以内(2-1-3-0)にきている④は逃げ馬なので、さすがに二千二ではきついだろう。同様に近走好調(2-2-1-1)の⑦は鋭い末脚を持つだけに、この距離でも勝ち負けになる。一応⑦が中心だが、ここも混戦で上位馬に実力の差はない。⑦があまり人気になるようなら、他の馬から入る手もある。狙い目は同じ差し馬で末脚のある⑤、天才Whyteののる⑧、軽量ハンディの⑪、⑫あたり。

<R6>
HVの1650mはコーナーを4回通る、いわゆる小回りコースだ。なので、各コーナーを有利なポジションで回らないと距離的にロスをし、ジョッキーの腕が非常に重要になる。その意味で中心は④、⑩の2頭。全体のペースが緩むとみて、先行できる⑩を上位にとる。この他、能力的には③、⑥、⑫も好走しそうだが、③と⑫はジョッキーの能力に疑問符が付くので、その分割引。

<R7>
クラス3の千二戦。香港競馬のクラス3は相撲で言えば十両クラスで、実はこのクラスが一番難解だ。能力や状態が結果に結びつかないケースも多く、特にHVでは荒れる傾向にある。ここも実力伯仲で難しい。注目は、序の口、三段目あたりに相当するクラス5から勝ち上がり、十両昇進を果たした⑫(過去6戦は全て連対している)。タイム的にクラス3でも遜色なく、今回は111lbと最軽量、好枠から先頭を進めば、鞍上が稚拙なTH.Soでも逃げ切れる公算は高い。中間の状態も絶好調だ。しかし、問題は前述の通りHV千二はペースが早まり差し馬有利になること。ここも快速馬の⑧と⑫が競り合って、ペースが早まる可能性が高く、中段から後ろを進む、⑨、⑤、①、⑦あたりが直線で一気に伸びている可能性もある。オッズ次第では、⑨か①を軸にした方が賢明だろう。

<R8>
ここは幕内級のクラス2の千二戦。1分09秒台で走れる能力がないと上位は厳しい。中心は⑤、⑥の2頭。鞍上と脚質から⑥が上位。この2頭の間に割って入れそうなのが、⑦、③、①、⑧、⑫あたり。④も能力は高いのだが、大外の11枠発走で、前走よりハンディが15lbも増えているので、ここでは軽視する。⑤、⑥2頭軸での3連複、4連複がお勧めだ。

Good Luck!

2012年5月 9日 (水)

5月9日 HV開催 ーー 当日予想

 時間がないので簡潔に。

1R:本命は②。相手に⑥、⑦、⑫。

2R:中心は⑦と⑨、次いで⑧と⑩。3着候補で①、②。

3R:中心は①と③。次いで①、⑤の順。

4R:ここは難解、一応上位は①、③、⑦、⑧の4頭。

5R:ここも難しい。一応上位は⑨、⑩、⑪の3頭。次いで⑤。

6R:本命は①、これは今日随一の推奨馬。相手筆頭は⑨、次いで②、④、⑤、⑩、⑪まで。

7R:中心は⑩、差がなく①、⑧。次いで、②、⑤、⑨まで。

8R:ここは難しいので見るだけレース。一応上位は③、④、⑥の3頭、次いで⑫。押さえで①、②、⑤。

Good Luck!

2012年4月20日 (金)

4月18日 HV開催 ーー 結果はトホホだ

 18日(水)は在港邦人の中で有名な方々と競馬観戦ができるということで、意気込んで予想はしてみたものの、結果、いつもの通り「トホホ」の結果になってしまった。

で、まずはざっと18日の結果から。

<R1>
事前予想:⑪ー①、②ー⑦、⑩
買い目:②単複、馬連/ワイド②−①、④、⑪(3点流し)
結果:②−⑪−⑤−⑨。ここはずっぽし②の単(5.35倍)、複(2.15倍)、馬連②−⑪(15.4倍)、ワイド(6.0倍)を的中できた。お客さんと一緒にパドックで馬を間近で見たのが功を奏したようだ。

<R2>
事前予想:⑤−①、⑦、⑪
買い目:⑤単複、馬連/ワイド⑤−①、⑦(2点流し)
結果:⑧−④−⑪−②。ややペースが早くなってしまい、先行勢は皆、沈んでしまった。勝った⑧は単勝41倍、馬連も189.2倍の大荒れになった。クラス5の千八は難しい。

<R3>
事前予想:④、⑥、⑦、⑧
買い目:⑩と⑥の単複、馬連/ワイド⑥、⑦、⑩の3点ボックス
結果:⑤−⑦−④−③。ここは予想が完全にずれた。まあ一番人気の⑦は押さえたが、穴を狙って⑥と⑩に行ってしまった。惜しいのは事前予想で取り上げた④が3着に入ったこと。単勝44倍と全く人気がなかったので軽視してしまったが、④−⑦のワイドで20.1倍もついたので押さえてもよかった。

<R4>
事前予想:②−⑥、⑦、⑨
買い目:⑩単複、馬連/ワイド②−⑥、⑦、⑩
結果:⑥−②−⑦−③。馬券の軸は②にしたので馬連(9.8倍)と、ワイド(②−⑦7.9倍、②−⑥4.35倍)は的中できたが、単勝で狙った⑩は道中不利もあり6着と凡走。②が複勝でも2.15倍ついたので、ここは失敗だった。

<R5>
事前予想:③−①、②、⑤
買い目:③単複、馬連/ワイド①−⑤一点勝負。
結果:⑦−⑨−⑥−①。勝負したのにここは大荒れだ。単騎逃げを期待した③は失速し、1番人気の⑤も直線で全く伸びず。斤量から見て⑦.⑨が好走しそうな予感はしていたのだが、余りにも前日予想に縛られてしまった。

<R6>
事前予想:⑩−③、⑤、⑦
買い目:iPhoneで投票しているのだが、もたもたしているうちに発走してしまい買えず。
結果:⑦−②−⑩−⑧。⑩複が2.1倍、⑦−⑩ワイドで7.65倍ついたので、勝っていればプラスだったが、得てしてこういうもんだ。買わないと予想があたって、買うと予想が外れるのが競馬のセオリーだ。

<R7>
事前予想:②、⑤ー①、⑥、⑧
買い目:⑤単複、馬連/ワイド⑤−①、⑥、⑧(3点流し)
結果:③−⑩−⑨−④。予想通り先行馬が直線で崩れて差し脚で争うレースになったにも関わらず、狙った⑤は全く直線で伸びず9着と大凡走。ここも馬連万馬券(101.55倍)の波乱となった。

<R8>
事前予想:②−①、③、⑥
買い目:②単複、②−①、③、⑥(3点流し)
結果:④−⑦−②−⑥。②複(1.65倍)のみ的中。大外枠だったので買い目から外してしまった④に勝たれてしまい(単勝18.25倍)、狙った②は直線ばてたがかろうじて3着を死守した危ないレースだった。

<総評>
概ね予想的にはしっかり出来たと思うのだが、勝負どころを間違い(5Rの大勝負での敗退と6Rで買い損ねたこと)、結果はマイナス計上してしまった。HVの長距離レースは番組数が少なく傾向を探れないので、やはり難しい。

2012年4月18日 (水)

4月18日 HV開催 ーー 当日予想

しばらくさぼっていたので、予想再開だ。今晩は香港在住の同胞とハッピーバレーに出陣するので、気合いを入れて予想したい。

R1:前に行きそうな馬が外枠なので、前半のペースがさほど速くならないとみて、4、5番手を進めそうな馬が有利になるのではないか。能力には疑問が付くが、1枠発走の⑪を狙いたい。相手はこのメンバーでは能力上位の①、②。枠順が気になるが、近走好走している⑦、⑩にも注意。

R2:クラス5であてにならないが、HV千八得意の⑤が中心。相手は先行できる⑦、末脚の鋭い⑪、能力上位の①。

R3:ここは拮抗しており、難解。能力と近走成績から④、⑥、⑦、⑧あたりが上位だが、ペースが緩くなりそうなので、後ろからいく④、⑦は厳しいかも知れない。一応、⑧を中心にしておくが、一発逆転がありそうなのは⑩。鞍上が減量のNg騎手なのでうまくはまれば逃げ切れる。

R4:斤量が気になるが人気の⑥より能力の高そうな②を狙う。相手は先行しそうな⑥と⑨。⑦ははまればまとめて負かす力があるが、11枠をどう乗るか。オッズ次第では⑦の単勝も面白い。

R5:能力的には①、②、⑤なのだが、距離とHVでの実績から③の大逃げに期待したい。相手は上述の3頭。

R6:近走成績はイマイチだが、HV千二に良績のある⑩が面白そう。相手は③、⑤、⑦の先行勢。

R7:近走好調な①、⑥、⑧が上位だが、このメンバーだとペースが速くなり、伏兵の追い込み馬が台頭してくる可能性が高い。パドック次第だが、②、⑤に期待。

R8:ここはかなり難解。ペースが緩くなればの前提付きだが、狙えそうなのは2連勝中の②の前残り。相手には好枠の⑥、能力上位の①、末脚の鋭い③あたり。

Good Luck!

2012年2月22日 (水)

2月22日 HV開催 ーー 当日予想

 Prreble, 白徳民、CY Hoの3騎手が負傷欠場、その他3騎手が出場停止ということで、波乱の今シーズンを象徴するかのような今晩のHVだが、どのレースをとってもドングリの背比べで、これと言って狙える馬が一頭もいない。こういう日は下手に馬券を買っても的中するのは至難の技なので、お休みした方がいいのだが、友人の馬が出走するということで、お付き合いで競馬場に行かなければならない。大やけどしない程度に大穴馬券を少し買って、ジョッキークラブの料理とワインを楽しむだけにしておきたい。

1R: 長距離実績があり、近走大負けしていない馬を狙うしかない。②、⑧、④、⑥ぐらいだろう。絞るなら軽量の⑧か、Whyte騎乗の④か。

2R: クラス5かつ近走成績がパッとしない馬ばかりで大波乱の匂いがプンプンする。能力的に②、枠順と斤量から⑪、鞍上から⑦といったところか。これに⑥を入れた4頭ボックスを少し買ってみるだけのレースだ。

3R: ここは能力均衡、全ての馬に勝つチャンスがある。ただHV先はやはり内枠の先行馬が有利なので、買うなら①、②、③あたり。ただしいずれも斤量不安があるので、セオリー無視になるが⑨や⑩の追い込み馬を狙う手もある。

4R: ここも難解だ。前に行きそうな馬が外枠になってしまったので、無理して先行すると直線でもたない可能性が高い。能力的に多少?は付くが、前走並みの走りが出来れば④、⑤に勝機あり。次いで⑥、⑦、①あたりか。前走勝っている③は先行しても直線でもたない可能性が高いので、ここでは軽視。

5R: 今季差し、追い込み馬の活躍が目立つHV千二だが、ここはペースがさほど早くならないメンバーだ。なので中段から前、好位を進める⑤が中心。相手は難解だが、①、③、⑫の前残りか。能力のありそうな⑥だが、前走の負け方が負け方なので、ここでは狙いにくい。

6R: またもやドングリの背比べレースだ。近走成績と位置取りから、④、⑤、⑨あたりが上位だろうが、必ずしも信頼度は高くない。思い切って軽量の⑪や⑫から遊び馬券を買って、見るだけにした方が賢明だろう。

7R: ここはペースが早くなるとみて、③、⑩の差し脚に妙味。先行陣で残れそうなのは①、⑧あたり。

8R: ここは全馬にチャンスがあり、極めて難解。コース内側を好位追走できる馬がやや有利とみて、②、⑦に注目してみたが、どうもあてにしずらい。格上挑戦になるが、⑩、⑪の方が3着以内に入る確率は高いか。いずれにせよ極めて難しいレースなので、ここは手を出さない方が賢明。

しかし、今シーズン最も難しいHV開催と言っても過言ではない。友人の馬がレースを終え、食事が済んだら、早々に退散した方がよさそうだ。

Good Luck!


2012年2月16日 (木)

2月15日 HV開催結果 ーー 馬券の買い方ミスで大幅マイナス

 昨日は予想的には概ね正しかったのだが、どうも先週の大波乱が頭から離れず、ついつい穴馬券を買ってしまい、結果、大きく外して大敗。反省しきりだ。以下、反省を込めて振り返る。(買い目のうち、三連複、三連単、ダブル等の馬券は表示しない)

<1R>
買い目:③、⑪単複、③ー④、⑤、⑪−④、⑤。
結果:⑤−⑥−②−③。軸で買った3番人気③は惜しくも4着で馬券にならず。9番人気⑪から穴も狙ったが、中段から全く伸びず11着大敗。

<2R>
買い目:⑨単複、⑨−④、⑥、⑫、押さえ⑨−⑤。
結果:⑫−②−⑤−⑧。事前予想通りに買っていれば、3連複(32.3倍)、3連単(117.4倍)的中だったが、⑫が単3.15倍の一番人気になってしまったので、穴を狙うべく二番人気の⑨から言ったのが間違い。②は斤量的にきついと判断し切ってしまったが、Whyteが騎乗する一番人気必至の実力馬が人気が落ちたときはかなりの確率で好走するので、次回以降の教訓としたい。


<3R>
買い目:⑤単複、⑤−②、③、⑨
結果:⑩−⑪−⑦−⑥。人気馬総崩れで、三連複882.9倍、三連単5118倍の大波乱になったので、予想はカスリもせず。2番人気の⑤は10着と大敗。通常、差し追い込み馬が上位にくるHV千二なのに、先行した⑩、⑪の”いったいった”競馬になってしまった。

<4R>
買い目:⑥単複、⑥−②、③、⑨
結果:⑦−③−⑥−⑨。⑥複(1.6倍)、③−⑥ワイド(4.25倍)的中。単勝21.65倍の伏兵⑦が直線ですごい脚を使って先行していた③、⑥、⑨をあっさりかわして1着。⑦の突然の好走がなければ、完璧予想だっただけに悔しさしきり。

<5R>
買い目:⑧単複、⑧ー⑩本線、押さえ⑧−②、⑤
結果:①−③−⑧−⑩。⑧複(1.7倍)的中。ここも直線で伸びてきた①、③が狙った⑧、⑩をかわし1、2着。本線で狙った⑧−⑩は3、4着と最悪の結果になった。

<6R>
買い目:⑦、⑪単複、⑦−②、③、⑤、押さえ⑪−②、⑤、⑦。
結果:③−⑦−⑧−④。⑦複(2.0倍)、③−⑦馬連(10.4倍)、ワイド(4.05倍)的中。穴で狙った8番人気⑪は10着と大敗。

<7R>
買い目:③単複、③−②、④、⑤
結果:②−④−⑫−⑪。いわゆるタテメで馬券にならず。狙った2番人気③は中段からかかって前にいってしまい、直線で失速。やはり見習いジョッキーはだめだ。このレースも事前予想通りに買っていれば、三連複(42.7倍)、三連単(149.2倍)を的中できていたので悔しさ仕切り、どうも、負けが込み始めると、ついつい穴を狙ってしまって墓穴を掘る。いつものことだが、なかなか冷静になれない。精神修行が足りないのだ。

<8R>
買い目:⑫単複、⑫−⑦、⑩、押さえ⑩−⑥、⑧。
結果:⑥−④−⑩−⑤。ここも事前予想で取り上げた③、⑥、⑦、⑧、⑩ではなく、⑫から入ったのが失敗の原因だ。昨日、さっぱりだったChadwickがここでツジツマを合わせにくると期待して単勝10倍の⑫で勝負したが、まったくいいところなく7着と惨敗。⑥−⑩ワイドが18.25倍もついたので、⑥から買っていれば大勝だっただけに残念。

19日の沙田開催も席を確保したので、いよいよ本格的なリベンジだ。2012年になってからプラスを維持してきたが、昨日の負けでマイナスになってしまったので、黒字化回復のため、必勝態勢で臨みたい。

より以前の記事一覧

日本会議

  • border
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランキング

Link

無料ブログはココログ