義援金

  • 東北関東大震災義援金
フォト

外為情報

楽天

Facebook

« 皇紀2673年をお祝いします ーー 私たちのオリジナルカレンダーを大切に! | トップページ | 韓国の素晴らしい歌 ーー イウンミの「愛する人はいます」 »

2013年1月13日 (日)

香港競馬はダート競争に妙味!? ーー 競馬の神様に遭遇

恐れ入ったというか、ここまでツキの神様に恵まれたら逆に何かとんでもない不運に遭遇するんじゃないかと心配になるぐらい大変な御仁とご一緒させていただいた。

昨日の沙田競馬場でのことだ。

まずもってその方、第2レース(ダート1200m戦)で勝った⑩Jade Pippo(単勝30.1倍、複勝7.4倍)を単複2000㌦づつ買っていたのだ。配当総額は75,000㌦だ。⑩は豪州産の4才馬。デビュー4戦目で、過去3戦は沙田の芝でいずれも見どころなく10着。血統的に近親にHVで活躍する馬が比較的に多いことから、HVでの短距離戦に多少見どころはあってもダート適性は全く未知数。あえて挙げれば、1月4日の沙田ダート1200mのトライアルで可もなく不可もない走りを見せているぐらい(ダートは普通に走れることを実証した程度)。今回、中3週でダート戦に挑戦してきたわけだが、前走が終始後ろにおいておかれ、最後も14頭中10着という結果では、自分的にはとても買う対象にはならない。

で、その方に何故、その馬を買ったのかと聞いたら、厩舎(PF.Yu)で買ったとのこと。本心かどうか分からないが、どうも締切時間ぎりぎりに買ったらしく、余り深く考えていなかったのは確かなようだ。真面目に考えれば、この馬の単複を2千ドルづつ買うのはあり得ない。(他の馬の単勝もいくつか買っていた可能性はあるが)。

で、この御仁を神様と褒め讃えるしかないのは、続く第4レース(ダート1650m)での神業だ。このレース、一番人気の⑫(Fulgurite)が単勝2.2倍の一本かぶり。好枠(3枠)出走で、しかも先行タイプで今シーズン5着、2着、4着と順調に来ており、確かにここは狙えないこともない。しかし、この⑫も初のダート戦。単勝2.2倍になるほど信頼性は高くない。なので、自分もこの⑫を押さえながらも、前々走同じ沙田ダート1650mで頭差2着でパドックの気配も良かった⑭と、⑤(ダートスペシャリストで鞍上は名手Whyte。前走、同じ沙田ダート1650mで1着)を中心の穴目を狙った。

結果はハナ差、ハナ差の僅差で⑭−②−⑤ー⑥。勝った⑭は単勝14倍、⑤−⑭のワイドも10.7倍となかなかおいしい馬券になったのだが、何と2着に入った②は単勝71倍(14頭中13番人気)。一番人気の⑫はうまく先行したものの、前半飛ばし過ぎて直線で失速、結果5着に大敗し。馬連②−⑭が291倍、三連単⑭−②−⑤が1899倍の大穴馬券が飛び出した。

で、その御仁。何と⑭と⑤を2頭固定軸にし、全馬に全て流すマルチ三連単を買っていたのだ。全部で100通りぐらいになる馬券なので、さすがに各20㌦(馬券総額2000㌦)しか買ってなかったが、配当総額は約4万㌦だ。

このレースどう考えても⑫が一本かぶりであり、近走実績や走方、鞍上、枠順などから⑤と⑭が上位に来るのは確実だったが、②は相当難しい。特に近走および調教の状態から明らかに調子落ち、しかも今シーズン使い詰め(毎月2回出走しており)で明らかに馬に疲労感が出ている。普通の競馬の知識があれば、お金をもらっても買えない馬だ。それを、何も考えずに⑤と⑭の2頭から、全ての馬に馬券を買うという荒技をご披露されたのには、完全に脱帽だ。お見それした。

この御仁、競馬理論というほどのものはなく、単に好きな厩舎(PF Yu厩舎の馬は全部買うらしい)の馬を買い、ジョッキーの好き嫌いで購入金額を調整しているに過ぎないのだが、ここまで大穴馬券を連続的中されてしまうと、天性のツキというか、何か科学を超越したオーラのようなものを感じる。詳細は知らないが、何か金融関係の仕事をされているようで、香港人だ。もう神様としかいいようがない。

やはり金融の世界、相場の世界というのは理屈や技術よりも、何かカンとか、ヒラメキというようなものが支配しているのかも知れない。自分のように長くメーカーに勤め、技術と論理に依拠して考えを組立てるようなアプローチでは到達できない世界だ。

というわけで、実に多くを学んだ競馬観戦になったが、自分の馬券成績は惜しくもマイナス。このビックリ御仁の神業を見せつけられ、思考ペースを散々狂わされたのもあるのだが、やはりダート戦は難しい。(とっておきのヒントを書くと、ダート適性の見極めは実績、血統がポイントだが、実はHVに適性のある馬は沙田ダートでも好走する馬が多い。沙田芝がスピードタイプ、一瞬の切れ味勝負なのに比べ、HV芝は先行力とスタミナ、持続力なのでダート戦と共通事項が多いからだ)。

しかし、最終レース(芝1400m)で②の単勝12倍をズバッと的中したのだが、これは悔やまれる。何と自分がこの②の単勝を買った締切8分前の単勝倍率は28倍だったのだ。締切直前に大量の買いが入って単勝倍率が一気に12倍まで下がってしまった。あのまま28倍のオッズだったら、昨日は大勝で終われただけに実に悔しい。

« 皇紀2673年をお祝いします ーー 私たちのオリジナルカレンダーを大切に! | トップページ | 韓国の素晴らしい歌 ーー イウンミの「愛する人はいます」 »

香港競馬(沙田)」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572236/56531444

この記事へのトラックバック一覧です: 香港競馬はダート競争に妙味!? ーー 競馬の神様に遭遇:

« 皇紀2673年をお祝いします ーー 私たちのオリジナルカレンダーを大切に! | トップページ | 韓国の素晴らしい歌 ーー イウンミの「愛する人はいます」 »

日本会議

  • border
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランキング

Link

無料ブログはココログ